スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PMF動画の作り方(OPムービー編)

前の記事のコメントにてねこさんに教えていただいた方法で自分も起動確認したので一応方法を書いておこうと思います。
原因はPMF変換時に自分は昔からのMPS2PMF内にあるbatで処理していたのですが、いつのまにやらPMF Creatorなるものがでていたんですね、知らなかった。
どうやらこれが原因だったようです。

今回はPMFで高画質の動画を作成する方法を書きます。
ただ、前書いた
pmf動画作成
と似たような感じになるので今回は複数の方法(といっても途中の作業が違うだけ)を紹介します。




使用した動画
・マジスキ OPデモ
http://www.moon-stone.jp/08majisuki/dl08.html


前提として動画サイズは480*272で作成します。
ねこさんのコメントによると16の倍数でいいみたいです。

とりあえず動画素材を
avi
wav
にしなければいけません。

方法としては各動画編集ソフトを使いますが今回は
AviUtl
を使った方法を書きます。


  • AviUtlの場合


  • といっても前の記事で使っているのでそちらをほぼ引用させていただきます。

    ・AviUtl 
    http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

    今回はOP動画なので切り取り作業は不要のためそのままAviUtlに読み込ませます。
    ただこのソフトは対応動画形式が少ないので自分でプラグインなどで追加するか読み込める形式に変換して、このソフトで読み込ませるなどしてください。

    マジスキOPはwmvなので読み込めません。
    なのでTPMGencでmpgにしてから読み込ませました。(なんという手間)
    正直、TPMGencでaviとwavに分離させることも可能らしいですがやり方があまりよく分かっていないため今回はスルー(汗

    そうしたら、AviUtlに動画を読み込ませます。
    pm1.jpg
    動画を開くときは必ず
    画像赤枠内のように
    29.97fps
    と設定してください。

    そうしたら、次は画面サイズを変更します。
    設定 → サイズの変更 → 指定サイズ
    を選んで、
    pm2.jpg
    このように設定します。
    作成したい画面のサイズですね。

    次はアスペクト比を調整します。
    元々16:9の動画なら必要ないですが今回もマジスキは16:10なので上下が少し削れます。
    設定 → クリッピング&リサイズの設定
    を選んで個人的主観で設定してくださいw
    今回はこんな感じに
    pm3.jpg
    右上のチェックを入れれば画面のサイズを見ながら変更できます。

    そうしたら保存します。
    pm4.jpg
    赤枠内のように設定
    音声なしや、音声をwav化なども忘れずに!
    再圧縮なしのチャックが入ってると画面サイズが変更されないので注意

    あとは保存します。

    そうしたらサイズがかなり大きいaviとwavが出来るはず
    pm5.jpg


    あとは、UMD Strean ComposerでMPSを作成します。

    起動したら左上のNEWを選びます。
    pm7.jpg
    pm8.jpg

    こんな感じでおkです。
    今回は4000MBを2MBにする必要はありません。

    あとは上にある
    Video Source
    Audio Source
    を選んで
    Open
    から先ほど作成したファイルを指定します。

    次に右上にある
    Video Enc Setting
    Audio Enc Setting
    を選択します。

    今回は特にサイズの制限は無いので好きなだけあげちゃいましょうw
    今回は試しにねこさんと同じく
    Videoは
    4800
    4800

    Audioは
    256

    にしました。

    そうしたら
    上メニューのRunから Encode + Multiplex
    を選んで実行します。

    ※今回はサイズも時間も大きいので低スペックPCは時間かかるの覚悟・・・

    終了したらUMD Stream Composerを閉じても結構です。

    そしてマイドキュメントを開き
    UmdStreamComposerというフォルダの中のMuxWorkを選びます。

    このフォルダの中のxxx(先ほど作成したプロジェクト名)から00001というフォルダの中に
    00001.MPSというファイルがあると思います

    それがpmfファイルになる1つ手前のファイルです。


    次にPMFに変換していきます。
    ・PMF Creator
    http://files.filefront.com/pmfcreaterexe/;6889716;/filei%3Cbr%20/%3Enfo.html

    保存したら起動してMPSファイルを読み込みます。
    pm6.jpg

    Path of your MPS

    browse
    をクリックして先ほど作成したMPSを選択

    Save As

    browse
    をクリックして保存先および名前を決定

    Total time
    には元動画より長い時間を記述しておけばおkです。
    mは分
    sは秒

    あとはConvertをクリックで実行します。

    これで終わりです。
    コメントで教えてくださったねこさんありがとうございました。

    今回使用したマジスキOPは
    時間1分57秒
    サイズ
    wmv(元)68.1MB
    mpg(4800bpsエンコ)71.3MB

    avi(音声なし)1.28GB
    wav19.82MB

    MPS 55.8MB
    PMF 55.8MB


    確認としてYouTubeにアップしました。
    あんま意味ないけど・・・

    コメント

    作ったpmfはtxt内の.mjpgを.pmfに置き換えると再生できるのですか?

    2009/02/06 (Fri) 18:46 | terako #- | URL | 編集

    すでに他の方が書いてますが、USC(Umd Stream Composer)では64x64~480x272までの16pix単位の動画のみ対応してます。
    (一応説明書にも書いてあります。16:9なら480x270なのにPSPの画面サイズが480x272なのもこのため)
    4:3の動画を作る場合は368x272で作られる場合が多いです。(引き伸ばすか、周りに黒縁を付けて調整)
    PMFCreaterはMPS2PMFと同じ頃に出た記憶があります。何年も前なのであまり覚えてませんが…
    あとaviutlはDirectShowプラグインを追加すれば、そのPCで再生できる動画はほとんど読み込めるようになります。
    USCはHuff-YUVに対応してるので、これで圧縮すれば少しは中間データのサイズも小さくなると思います。
    それから平均レートとMAXレートを同じ値にするのは勿体無いかもしれません。(VBRが機能しない)
    元のコーデックがわかりませんが、480x272なら平均1M、MAX2Mぐらいでも十分な画質が得られると思います。
    音声もAT3なら96k程度でそこそこな音質になると思います。
    MPSの動画コーデックはAVCなので、低い値でも画質が保たれます。(画面も小さいし)
    wmv→mpgの時点で大分劣化するので、中間データは可逆圧縮で操作するのが無難です。(音声も同様)

    ちょっとエンコ厨の血が騒いでしまいました…すみません。
    現在、DLは違法ではありませんが、S○NYに目を付けられると危ないので、こういう記事を書く場合はお気をつけ下さい…

    2009/02/06 (Fri) 22:11 | 七次元 #sGvNOJjo | URL | 編集

    terakoさん>
    ONSにPMF再生機能はありません。

    七次元さん>
    当時はUSCとMPS2PMFをDLできて満足してしまった記憶が・・・まさか同じ時期に出ていたとは知りませんでした^^;
    動画エンコはまったくの初心者なので結構適当に書いてたりしています(汗
    368x272で作成するんですね、今度やってみます。

    音質、画質に関しては自分も高くしてもあまり変わらないなぁとは思いましたw
    ただ如何せん1つの動画エンコに掛かる時間が長すぎる…orz

    時間があるとき(目の状態が回復した時)にプラグインなども見てみようと思います。
    情報ありがとうございます。

    これはあまりリンクしないで細々と置いておこうと思います>記事

    2009/02/06 (Fri) 22:29 | tales fan #RMZr8j5E | URL | 編集

    USCはデュアルコアに対応していないみたいですね。
    なのでシングルコアだろうとデュアルだろうとクアッドだろうと時間がかかるというorz

    2009/02/07 (Sat) 11:20 | ねこ #aIcUnOeo | URL | 編集

    この前自分がビルドして公開してたONSにPMF再生機能を付けてたり…

    >>tales fanさん
    AVCはエンコ速度さえ改善すれば最強のコーデックなんですが…
    PC用の動画は画面がでかいのでXvidを使ってますが、PSP用のMP4はAVCを使ったりしてます。
    最近FlashPlayerが対応したMP4もAVCですね。
    普通は一般人がPMFの作成はできないので、PMFではなくMP4に対応できればいいんですけど…

    >>ねこさん
    自分のPCはデュアルコアですが、両方のCPUが使われてます。
    いくつのバージョンが流出してるのかは知りませんが、ver1.5RC4で確認しました。
    AVCは高画質な分エンコード時間がかかるので、分散エンコーディング(複数のPCでエンコード処理を分散)に対応しているようです。

    2009/02/07 (Sat) 22:36 | 七次元 #sGvNOJjo | URL | 編集

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    管理人の承認後に表示されます

    2016/12/05 (Mon) 14:06 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。